MICE施設

広報ながさき7月号が先日ポストに入っていたのでパラパラ眺めていると、MICE施設の記事が載っていました。

MICE施設とは学会・大会・イベントなどの開催ができるホールのことで、会議:Meeting,研修旅行:Incentive travel,国際会議:Convention,イベント:Eventの頭文字を取ってMICE(マイス)と呼ぶそうです。長崎市の田上市長が長崎駅近くへの建設を目指しており、たまにニュース等でMICE施設は必要です!という話を耳にします。私は長崎で大きな会議を開催することに反対ではありませんし、むしろ結構なことだと思いますが、受け入れが可能なのかという疑問はあります。

具体的には宿泊施設と交通機関です。先日、出張で長崎を訪れた方々と話をしましたが、ホテルが空いていないor開いていても宿泊費が高いとおっしゃっていました。また、飛行機・列車・バス等の交通機関も大人数の旅行者をさばくことは難しいと思います。そうなると結局年に数回しか使われず、数十億円(数百億円?)かけた立派な建物だけが残るという事態になりかねません。

せめて新幹線の方針の決着がついてからでも良いのでは?と私は思いますが、どのようになるのか今後も注目していきたいと思います。

※余談ですが、広報ながさき7月号の最後のページに出島や原爆資料館の無料入場券が付いていました。現住所を示す必要があるので長崎市民しか使えませんが、市民の方は夏休みを利用して訪れてみてはいかがでしょうか。

広告を非表示にする