ジャパネットに任せてみてはどうですか?

昨日久々に早く帰ることができたのでテレビを見ていましたが、ジャパネットが建設を予定しているスタジアムについてのニュースがありました。

~~~~~KTNプライムニュースHPより一部抜粋ここから~~~~~
長崎市議会の委員会は、三菱重工幸町工場跡地の活用で優先交渉権者に選ばれているジャパネットホールディングスの関係者などをきょう参考人として招き、スタジアムの建設計画について質しました。
これは、長崎市がJR長崎駅の西側に建設を計画している交流拠点施設=MICE施設と機能が重複しないか確認するためです。ジャパネットホールディングスの髙田旭人社長は、三菱重工幸町工場跡地の活用について「スタジアムを軸に長崎に楽しさを作り出したい」と説明。2万3千人を収容できるスタジアムを始め、オフィスやホテル、商業施設、さらにマンションやアリーナを建設する計画を説明しました。
委員からは「ジャパネットの計画には大きな夢がある」と、期待の声が相次ぐ一方、一部の委員から、市の交流拠点施設との競合を懸念する質問がありました。
~~~~~KTNプライムニュースHPより一部抜粋ここまで~~~~~

長崎市が駅前に建設を予定している会議場施設とジャパネットが建設を予定しているスタジアムの機能が重複しないかという話ですが、いっそのこと会議場も含めてジャパネットに任せてみた方が良いのではと思います。

どうせ無能な政治家がいくら考えても碌な結果にならないでしょう。実際に長崎市が建設を予定している施設は使用料の想定がべらぼうに高いようで、福岡や熊本の施設と比べて立地も悪いのに誰が使うんだ?という疑問が浮かびます。

実際に建設が始まるのは数年先のようです。その時には私は既に長崎にはいませんが、どのような結果になるのか楽しみにしたいと思います。

あと一ヵ月

長崎も残り一ヵ月となりました。仕事の引継ぎ、不動産屋への連絡、引っ越し準備等々やらなければならないことが多いです。

結局長崎の観光地をほとんど巡ったことが無かったので最後くらいは長崎観光へ行けないかなぁと思っていましたが、それも難しそうです。せめて中華料理くらいは食べに行こうと思いますが。

恐らく次の更新は異動後になると思います。長崎に4年間住んで思ったことを書こうと思います。

壱岐の空をドローンが飛ぶ(予定)

昨日のKTNのニュースで無人飛行機による実証実験のニュースがありました。

f:id:nagasakimin:20180510084923p:plain
(画像はKTNニュースサイトよりお借りしました)

写真の無人機に様々な計器を設置して、離島海域周辺での海洋環境調査を行うそうです。その際の離着陸拠点を壱岐空港とするもので、壱岐空港のオペレーターが操縦を行うとのこと。

昨日壱岐空港での初フライトを予定しており関係者が集まったそうですが、残念ながら飛行許可が間に合わず機体のお披露目にとどまったそうです。

無人機であれば墜落しても操縦者に危険はありませんし、自動操縦が実現すれば休むことなく飛行も可能でしょう(燃料の問題はありますが)。是非実用化してほしいと思う一方、機体の外観が完全に米軍の無人攻撃機と一緒なのは何とかならんのかと思います。

f:id:nagasakimin:20180510085630j:plain
(画像はWikipediaよりお借りしました)

上の画像は米軍の無人攻撃機リーパーで、近年の中東やアジア地域での攻撃に使われたようです。非常に形が似ており、今回長崎で飛行するのはこれから武装を取って計器を取り付けたようなものだと思います(もちろん細部は全然違うと思いますが)。軍事目的のものが民間へ転用されたものなど沢山ありますが、せめて機体に色をつけるとか、壱岐の風景や対馬のヤマネコの絵を機体に描くとか、もうちょっと工夫してほしいなぁと思いました。

ちなみに無人飛行機の名前はガーディアンとのこと。守護者と言う意味で、リーパー(捕食者)とは違って攻撃的な名前ではありませんが、何から守護するのか?こちらもちょっと疑問です。なお、墜落時は行政が保証を行うそうです。

これは酷い

とある動画を見つけました。

https://www.youtube.com/watch?v=t7xZLlER1ig

グラバー園浦上天主堂の近く、四海楼前の駐車場だと思います。駐車料金の安い公営駐車場がありますが、料金の高い私設駐車場へ交通警備員を装って誘導しようとする輩がいるみたいです。

数日前、長崎の教会群は世界遺産候補に認定されたというニュースがありました。せっかくの吉報に泥を塗るようなことはやめてほしいですね。

旅行で来られる方は十分ご注意ください。

バスや電車のマナー

長崎の人って自分勝手だよねぇと最もよく感じる場所、それはバスと電車です。

バス停で待っているとき道のど真ん中ででかいリュック背負って立ったり、道幅一杯に広がって待ったり、車内で確認もせず座席倒したり、路面電車で詰めろと言っているのに詰めなかったり。

バス停は歩道を歩く人がいるわけですから、スペースを空けておこうと思わないのか、一列になって待てないのか。

座席は一言断ることができないのか。というよりも、確認もせずに倒すのって怖くないのでしょうか?後ろの座席に座っている人が何か荷物を自分の座席に立て掛けているかもしれない、倒した座席と干渉する場所に飲み物等を置いているかもしれないと思うと、とても声掛けせずに倒すことなど私には怖くてできません。

路面電車も入口付近にたまって動こうとしない、混雑してる車内で空いた座席に座らないなど、もう少し周りのことを考えられんのかと思います。

数日前より阿部幸大さんが書いた「教育と文化の地域格差」という記事が話題になっています。ここで書いているのは教育の話ではありませんが、周りの人に配慮する、ということを長崎の人は知らないのかもしれません。

そういえば先日博多駅のバスターミナルで天神行きのバスを待っていた時も床にガイドがあるのに並んで待っている人はほとんどいませんでした。これは九州人全体の傾向なのかもしれません。

と偉そうにいろいろ書きましたが、私も出身は福岡ですから九州人の血が流れています。配慮できない九州人を見たとき、自分も同じレベルに落ちないよう、九州を出たときに後ろ指を指されないよう気を付けたいと思います。

ゴールデンウィーク

GWももうすぐ前半戦が終わりです。

長崎市はGW初日に特急かもめの乗車率が100%を超えるなど、観光客の取り込みが上手くいっているようです。市内を歩いていると観光客と思われる人々を沢山見かけます。

長崎県北部での波佐見町というところでは、毎年この時期に波佐見陶器まつりが開催されています。波佐見焼という焼き物を安く入手できるとあって大変人気なイベントのようですが、電車でのアクセスが大変なので、佐世保との分岐点近くで毎年高速道路が渋滞します。 この時期、車で佐世保長崎市へ訪れる方は時間帯をずらすか、長崎市目当てであれば有明海沿いの国道を走ったほうが良いかもしれません。

陶器市目当てであれば、早朝に佐世保を訪れて佐世保バーガーを食べるのも一興かもしれません。佐世保バーガーのお店は佐世保市内に複数ありますが、お店によっては朝7時や朝9時から開いているところもあります。佐世保バーガーでエネルギーを補給し、その後陶器市へ繰り出すというのも悪い話では無いと思います。

後半戦は若干天気が良くないみたいですが、事故の無いように、そして悔いの残らないGWを過ごしていただきたいと思います。

カードや電子マネーへの対応が増えた

私は普段現金を持ち歩くのが面倒なのでクレジットカードか電子マネーしか使いませんし、これらが使えないお店やサービスは基本的に利用しません。

唯一路面電車とバスに乗車するときだけは現金を使いますが、長崎では以前クレジットカードや電子マネーへの対応があまり進んでおらず、不便に感じることがありました。

ですが、最近徐々にカードや電子マネー可のお店が増えてきているように感じます。コンビニやチェーンのドラッグストアは以前から対応していましたが、近所の調剤薬局原爆資料館でも電子マネーに対応しているのは驚きました。また、カードや電子マネーとは少し違うかもしれませんが、長崎出島道路もETCが昨年12月から利用できるようになっています(女神大橋は相変わらず非対応ですが)。

外国人観光客の増加等が普及の後押しとなっているのかもしれませんが、現金をあまり持ち歩かないものとしては有難い話です。

これからもどんどん普及してほしいです。

路面電車、バス、長崎駅前のロイヤルホストココウォークの浜勝は早急に電子マネーへ対応してくださることを特に期待しています。